1. HOME
  2. ブログ「さいしょ日記」
  3. 記事「燃費表示の家 東大阪 K邸」

ブログさいしょ日記

大阪 八尾で燃費表示の家

今回は 東大阪のK邸 木造2階建て 約30坪の住まい

太陽光発電は4.41KW


プランの段階で目安の燃費を計算し

確定した時点で、実生活前の暮らしの燃費が解かる


1枚目が 暮らしの燃費計算結果シート


記入の数値は、前もって詳細な計算をしてある


シート中程の 建物の省エネルギー性能

断熱性能(UA値)(壁などの外皮から逃げる熱量=数値の少ない方が良い

国の目安となる基準値が 0.87 W/m2k


K邸は 0.41 W/m2k

FPの家は標準仕様でこの数値


その右側に書いてある

基準値に対する断熱性能比率(性能UP率なので高い方が良い

国の目安となる基準値を100とすると


K邸は212


耐震強度も含め、国の基準は最低基準だということを覚えておこう。

つまり、基準をギリギリクリアーしたか、余裕でクリアーしているかだ。


これでももうひとつ解りにくい・・・

やっぱり、実際に出費として出ていく光熱費

と、言うことで 2枚目


家庭のエネルギー 年間光熱費


7行目の 電気代合計と売電額


ほぼ¥0

ただし、目安であり余剰電力の買い取り価格が固定されている10年間

仮に買い取り価格が半分になれば、年間約¥50,000 一か月¥4,200程


家丸ごと快適に冷暖房しての電気代である


ぜひ、プランの段階で燃費表示をしてもらおう


注意してほしいのは、

電気代が¥0とすみごこちはイコールではない


住み心地のいい家はほかに根拠がある


【燃費表示の家 ファーストプランテクノ】


掲載日:2017/03/23 09:32